■プロフィール

ひげ

Author:ひげ
ミンタラのガイドのひげといいます。

釧路川・釧路湿原を中心とした道東一円のガイドをやっています。自分が好きでたまらないことを生業にするとしんどいといいますが・・・事実は違うようです。
こんなに楽しい

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
IMG_0006.jpg

オオハンゴンソウはよく栄えるのですが、ここまでの群落は見たことがありません。元は牧場だった所です。奥に200M以上、幅も100Mはあるでしょう。この間までは・・・?。いつの間にか牧草畑が黄色い花で埋め尽くされてしまっています。高齢になられ酪農から撤退される方が多くなっています。
道東は牧場が多く、一歩間違えばこのような風景になってしまうかもしれない危険性が多分にありますね。

花畑の中からカサカサ音が聞こえてきます。
どうやら鹿か何か動物が歩いているようです。この花は鹿より高い背丈です。雄鹿だったら角が動いていくのが見えて面白いかもしれませんね。


スポンサーサイト
未分類 | 19:30:34 | Trackback(0) | Comments(0)
昨夜は久し振りにグッスリ眠りました。朝五時半に目覚め、カーテンを引くと・・・・雨・・・でも気を取り直してカヌー二艇を積み込みます。
ビッショリ濡れてしまったので、シャワーを浴び朝食(トースト2枚、コーヒー)をかっこみます・・・味?!・・・。

釧路は雨でも塘路はよかっぺと車を走らせます。・・・・信号を三個程過ぎた所で、いつものごとく忘れ物に気がつき、Uターン・・・・・・
今日の忘れ物以下の通り、カメラ、お金・・まだあったような・・・。
夏休みも明日で終わりです。ちょうど私の身体もメンテが必要なようです。腰が・・・・。
カアチャンに言われます。「太りすぎよ・・・。」



続きを読む >>
未分類 | 19:43:25 | Trackback(0) | Comments(0)
夏もほんとに終わりかな・・・と思うような朝晩です。

ホノリにシホの小さな姉妹、パドルから落ちる水滴に、呟いた小さな詩
・・・オッちゃんは感激・・・。ホノリへ自分でつんだ小さな花束の名前、ちゃんと覚えたかな・。花の写真を撮るときに「チーズ」って言ってたけど、お花さんは笑ってくれたかな?。思わずオッちゃんがわろうてしまいました。笑)

K原様 昨日は充実した時間を過ごさせていただきました。
勉強になりました。貧楽の境地までは程遠いですが、そのうち・・・と、ゆっくりのんびりがんばって?いきます。笑)

窓の外には雨がちらほら。「あ?らら・・・。昨夜のうちにカヌーを積み替えておけばよかったな・・・。」
今日のスタートはこんな感じで始まりました。
さぁ今日も一日頑張りましょう・・・!!。

未分類 | 05:37:50 | Trackback(0) | Comments(0)
今、湿原を彩っている花で目立っているのが、黄色い花達です。
以前もこんなに有ったかなという位多い。
まずオオハンゴンソウ、ハンゴンソウ、これらは以前から川岸を彩っていたのですが、最近目立つのがセイタカアワダチソウです。
このままいけば何年もしないうちに、この季節、岸辺を彩る代表的な花になってしまいそうな気もしています。

岩保木水門付近は、ツリガネニンジンもそろそろ盛りを過ぎて、今、オニユリが蒼い空をバックに咲いています。サワギキョウもまだ見頃ですね。ただムラサキツメクサも終わり、色彩的には寂しく感じています。

後、十日もすると大雪の方では、紅葉も見頃となる筈ですが・・・今年は幾分遅くなるかもしれませんね。

今日の水門付近の泥濘地に小さな足跡がありましたが、何の足跡か後で調べてみます。ミンクにしては少し小さいなと思いましたが・・・ミンクのコッコだったかもしれませんね。

未分類 | 21:47:56 | Trackback(0) | Comments(0)
IMG_0077_1.jpg


今日の仕事は、早く終わったので、コップを持つ前に書いておこうとページを開きましたが・・・・ちょっと氷の浮いたコップが恋しいような・・・。笑)
庭のイチイノ木に西日が当たり木を二つの色にわけています。涼しげな日陰の濃い緑と西日を跳ね返して光るライムグリーン・・・。
今日の夕やけは期待できそうなので、氷の浮いたコップはあきらめましょう・・ちょいと残念です。笑)

先日、そう二十日の夕焼けの釧路川を下っていただいた新潟のO坪様、メール有難うございました。残念なことにメールを開く事ができません。ですから内容を確認できずにいます。後ほど此方の方から手紙でお知らせいたしたいと思います。よろしくお願いいたします。ブログの写真は当日の夕焼けです。オジロは残念ながらピントがいまひとつでした。
悠君の写真はどうでしたか・・・・。
キラコタン岬の風景も気になっています。
道東の空や川、海まだまだいいところがいっぱいあります。
又、お会いできる日を楽しみにしています。



未分類 | 17:18:22 | Trackback(0) | Comments(1)
IMG_0177.jpg

昨日、今日と充実した日が続いています。
やっぱりカヌーは面白い!!。
水遊びは面白い!!。焚き火は面白い!!。キャンプは面白い!!。
焚き火の傍でのうたた寝・・・・ゆうこちゃありません。
漆黒の空に浮かぶ星を見ながらのうたた寝・・・ゆうこちゃありません。

そして今日は、二組のお客様・・・偶然にも魚釣りが大好きだということ・・・。午前中のゲストは秘湯と魚釣りがメインの道内旅行だそうです。もう一組のゲストは福岡からの御家族です。こちらも魚釣りがメインでの道内旅行だそうです。どちらの顔も日焼けでまっ黒でした。笑)

三組目は・・・・・。
央祐 ナイスパドリングでした。去年の央祐とは別人の漕ぎです。三日見ざるはナントヤラ・・・納得!!。

写真は今日のオジロ幼鳥です。


未分類 | 20:15:10 | Trackback(0) | Comments(0)
IMG_0008.jpg

この写真は釧路地方の海岸線の写真です。・・・?。
青く見えるのが海です。画像を大きくすると小さく舟が見えていますが・・・。その手前の白く見えているのが海霧です。
白い壁が海から押し寄せてくるようです。
空は青いのですが、この霧の所為で一日中湿気の多いい日が晦日のように続いています。

どうも今年は親潮の勢力が例年よりも強く。黒潮が北上が弱いらしいんです。で南からの暖気が親潮に冷やされ霧が発生しやすい環境にあるようです。 この霧が南風にのり山の少ない釧路湿原から釧路川沿いに内陸まで侵入してきます。この《霧が霧の摩周湖》になるわけですね。例年なら湿原そのものや川、湖で発生する霧が朝方幻想的な風景を造る頃なのですが、海霧の場合は全体的にかかるので今一です。

写真がコヨシキリになっていますが、クリックしてください。
写真が変わります。時々こういう不具合が起こります。

未分類 | 02:27:03 | Trackback(0) | Comments(1)
IMG_0002_1.jpg

昨日、こんな葉書が届きました。
皆さま お気をつけあそばし・・・でございます。
恥ずかしながらうっかり引っ掛かるところでした。
このような通知は葉書でくることはありません。電話番号も0120です。 私のような田舎者はついつい引っ掛かってしまいそうな文面です。
実は、うっかり電話してしまったのです。以下その時のやり取り(要約)です。

ひげ「あのねぇ こんな葉書来てるんですけど、これはどっからの訴訟ですか・・?。」相手「応えられません、これは個人情報保護です。お尋ねになりたかったら直接東京地方裁判所にお尋ねください。」ひげ「なにを言ってるんですか、そんな馬鹿な話があるわけないっしょ。はやく教えてくれませんか。」
相手「応えられません。」の一点張りである。ひげおじさんは、ここいらからようやく気が付き出した。馬鹿なオジサンです。
「そいやったら裁判所の電話番号教えてくれませんか?。」相手「個人情報ですから教えられません。」「何を言ってるんですか裁判所が個人情報っておかしくありませんか・・・・。」相手「104でお尋ね下さい。」ガチャッ・・・・・。

あ?ぁ? 電話番号教えてしもた。
以上恥晒しを書きましたが、みなさんも?気をつけましょう。
ひげの「」の中は関西弁に直してお読みください。一回掲載したのですが、読み直したところ、じぶんでおっかなくなって少し手直ししました。笑)

今日は久し振りの青空が広がりました。写真館に一枚貼り付けます。


未分類 | 19:35:45 | Trackback(0) | Comments(2)
IMG_0066_1.jpg


空にオジロが舞い、川辺の岸に花が咲いています。秋の花がちらほら見え始めています。ヨツバヒヨドリやアラゲハンゴンソウ、サワギキョウなどが目につき出しました。
今時期、林道をドライブに行くとなんともいえないいい気持ちになります。例えば、阿寒のシンクシタカラの沢・・・ちょっと車高の高い車で一日のんびり走ってみませんか。明るいうちは、川で釣竿を出したりバライチゴを摘んだり、小一時間も採ると小瓶にイッパイなるぐらいのジャムが造れます。暗くなりかけたら、ちょっと怖いですが・・・夜のナイトドライブなどいかがでしょうか。色々出てきます・・・・?。
何がって・・・・お楽しみです・・・!?。  ぎゃ?っ!!

未分類 | 20:44:01 | Trackback(0) | Comments(0)
IMG_0091.jpg


写真はオオハンゴウソウにとまる蝶とミツバチです。
今日は、お久し振りの青空が見えています。ちょこっとだけれど・・・。

昨日の午前のゲストに三歳の男の子がいました。ツアーが終わり、送迎用の車に乗り込む時、彼が指先で摘まんでいた物は、紫桃色もあざやかなネジリバナです。得意そうに眺め、他の人にも見せています。
どこで摘んできたのやら・・・彼の目線にいつとまったのでしょうか。
三歳になるワラシの旅の思い出に、小さな花ですが鮮烈に残ってくれたらいいですねぇ。


未分類 | 12:27:20 | Trackback(0) | Comments(0)
IMG_0077.jpg

久し振りの夕焼けです。
茜色の空じゃないのですが、久し振りに見るとやっぱり嬉しいですね。
せっかく川下の時間とコースをわざわざ変更していただいたのですが、この時間、この釧路川を堪能していただけたでしょうか?。
本当はプライベートで下りたい程、好きなこの区間・・・晦日でも飽きない・・・な。きっと・・・。
オジロの雌親も夕暮の一景をウダイカンバの巨木の上で楽しんでいるように見えます。ゆっくりゆっくり川は蛇行を繰り返し、夕暮の時間と共に流れていきます。  至福の時です。


未分類 | 21:57:22 | Trackback(0) | Comments(0)
IMG_0001.jpg

写真はヤマウドです。

今日のツアーは、お昼からの二組でした。
ここ二三日のツアーは、やきもきしながら天気図とにらめっこしています。でも予約の電話をいただいた時に、二組とも今日のツアーはOKと予感があったんですね。
お蔭さまで、天候はともかく楽しいツアーになりました Kさんご一行の
六円分の持ちネタさっそく使わせていただきました。笑)
ありがとうございました。
Bさんご一行様の100円玉と50円玉2個・・・どうしましょう?。
関西の女性は、熊本の女性と五分張るぐらいヨカオゴジョです!!?。
(ヨイショヨイショ・・・と)

オジロは今日は親子揃い踏みでした。日々逞しくはなっているようですが、親と一緒の時はやっぱり甘えていますね。



未分類 | 22:06:23 | Trackback(0) | Comments(0)
霧雨とも小雨とも形容できない降りが続いています。

濡れたライフジャケットとレインコートは帰ったらすぐ乾燥させます。
洗濯場は干す場所も無いほど天井からぶらさがっています。んでもってかあちゃんに言われます。

「お父さ?ん 洗濯できないっしょ。」
「わかった!。後、二三日我慢してくれ?っ。」

この天気はいつまで続くのでしょうか・・・。
明日もパッとしないようだし・・・遅れてきた梅雨空なんて・・・いりません。   
でも自然現象には勝てるわけでもないしね・・・あせらず、ゆっくりかまえましょう。雨の釧路川も捨てたものじゃありません。しっぽり濡れたオニユリも旧釧路川に咲くサワギキョウもなかなか色っぽいじゃありませんか・・・?。霧雨に濡れながらの岸辺のお花見なんて・・・ちょっといいんじゃないでしょうか・・・ね。


未分類 | 20:55:06 | Trackback(0) | Comments(2)
雨でした。
午前のツアーは雨混じりの川下りになってしまいました。せっかくのマユちゃんの誕生日だったのにね。今度は晴天の中、ゆっくりゆっくりの川旅を楽しんでください。
午後からは、予報に反して雨はあがったのですが、今度は強い向かい風です。カーブを曲がる度にカヌーが回されるほどの強風です。みんなで力を合わせて漕ぎました。「ふぅ?ふう?」いいながら、さっちゃん おにいちゃんよく頑張りましたね。ひげのオジサンも脱帽です。
今度、会うときはお互い新しいダンスを見せ合いましょう。笑)こっちの方が楽しみだなぁ・・・!?。

昼からの湿原風景は、波が岸に次々と押し寄せるように葦原がうねり、木の葉は白く裏返っています。川沿いの小木達は風が唄う歌に合わせてベリーダンスでも踊っているかのよう・・・・。岩保木山も宮島岬もキラコタンも低い雲に隠れてしまい、このまま夕暮を待つかのような風景でした。

何日振りかでオジロのコッコを確認・・・コッコの力では、さすがにこの強風では翔ぶこともままならいようで、川べりに木が二三本集まった所で木の枝にしっかり止まっていました。二親は確認できず・・・・でした。

未分類 | 19:15:22 | Trackback(0) | Comments(0)
舌の根も乾かぬうちにブログ復活です。
疲れていたわけではありません。ただドジこいちゃって書き込みができなくなってしまったんです。笑)
写真もここ二三日さぼっていますのでありません。
少し暇ができたら、川べりの花たちを写してみようかなと思っています。今、エゾミソハギがきれいな色でキタヨシの中にポツッと咲いています。一輪だけなのに緑の中で濃いピンクが存在を主張しています。秋はもうすぐですね。ちょいと寂しいかな・・・。
ハッカの花も咲き出しました。よく似たカワミドリも咲いています。花の付き方と葉っぱの形が少し違います。

オジロともここ二三日対面できずの日々です。今日は大曲りでノロッコ号とすれ違いましたが、関西風に言うと「ごっつう 恥ずかしかった」
です。皇族の方々の気持ちがようわかります。笑)ついついノロッコ号にいやいや乗客に手を振ってしまうんですね。今までいったい何人の方のカメラに収まったことやら・・・・?。

未分類 | 22:27:56 | Trackback(0) | Comments(0)
IMG_0032.jpg

昔々、わが家の長男が一歳二ヶ月の時の事、襟裳岬に連れて行きました。
車から降りて岬を見下ろす崖の上に立つと・・・吼えたんです。
「ゥヲ?ッ・・・・。」ってコトバもろくに喋らぬワラシが吼えたのです。あの雄大な風景が一歳二ヶ月のワラシにもわかったのですね。
あのワラシも二十代半ば・・・版画の世界に足を踏み入れようとしていますが・・。
あの頃の長男を湿原風景のど真ん中に連れていったら、どんな反応を見せるのでしょうか・・・・。一週間程、親爺お気に入りの場所を連れ歩きたいものです。

写真はタッコブ上空を翔ぶオジロ幼鳥です。


未分類 | 22:10:29 | Trackback(0) | Comments(1)
ここ最近、朝の書き込みが続いています。
夜、晩酌のコップを持つか、持たぬかのうち瞼が落ちてきてしまうのです。カァチャンとの会話もオハヨウとオヤスミしかしていないような・
・・・・?。うちのカァチャンの趣味は、野花の鑑賞なのですが、さすがにこの時季はドライブに連れて行ってやることが出来ない。
巷ではヤナギラン、エゾミソハギ、レンリソウ、オオハンゴンソウ、ハナガサギク、アラゲハンゴンソウ、タチギボウシ、ツリガネニンジン,
ハッカなどの夏の花達が咲き出しています。ただサワギキョウを見ていません。早い時期なら7月後半に見る年もあったように記憶しているのですが・・・・?。

そうそう昨日は久し振りにアオバトの「ア?ォア?ォゥ」の鳴き声を聞きました。カヌーに乗っていると鳴き声しか聞こえないのですが、実際は鳴き声とは裏腹に綺麗な鳩です。道東では厚内海岸などで海水を飲みに来る小群を見ることができます。オジロの成鳥がタッコブ山のてっぺんでやすんでいました。コッコの行動範囲が広がるにつけ親の負担も増えるようで大変なようです。ガンバレ!!とうさん!!。ガンバレ、かぁさん!!。

未分類 | 06:00:05 | Trackback(0) | Comments(0)
IMG_0029.jpg

晦日、こんな感じの空が続いています。
昨日は、ツミかハイタカらしき小型の猛禽が黒いものを掴み飛び去っていきました。オジロのコッコの声もあちこちで確認できるようになりました。昨日は塘路湖キャンプ場の対岸とタッコブ上空で鳴きながらの飛翔でした。「見てくれ見てくれ。」といわんばかりに空高く舞い上がり、斜めに凄いスピードで滑空していきます。
一昨日はカヌーをわざわざ確認しに着たのか、頭上7メートルを悠々の飛翔でした。 幸福な一瞬です・・・・!!。


未分類 | 06:05:59 | Trackback(0) | Comments(0)
今日も、釧路湿原上空の空は、青く蒼く藍く・・・雲は上空の蒼と対比をなすように白く光っていました。時折にわか雨が打ち水代わりに落ちてきて、柳軒の下での暫しの雨宿りとなる。

最後のツアーでは、本当に珍しい光景を目にすることができました。
まず、いつもの止まり木に雄親、暫く下り営巣木近くに幼鳥、最後に雌親が・・・・・なんとなんと餌獲りを失敗したか?それとも水浴中だったものか?首までドップリ水の中に浸かっているではないか・・・。初めて見る光景です。慌てて岸に上がり傍の枯れ木(1.5メートル)によじ登ろうとする。羽が濡れているため飛び立つこともできず、バツがわるそうに木上でこちらを見ていました。笑)空の王者もこうなると形無しですね。

ゴールする頃の西の空は薄いピンクに湿原の緑が映え、夏の湿原を代表する風景となっていました。


未分類 | 05:09:36 | Trackback(0) | Comments(0)
IMG_0039.jpg

二つの太陽が西の空に輝いています。
彩雲とフェイクの太陽が暫く僕等の目を惑わしているうち、太陽はゆっくりゆっくりとその姿を鶴居の丘陵地に落としていきます。今日は午前中は源流部を久々に下りました。次々と現れる倒木や覆いかぶさる木の枝に忙しい川下りでした。源流部の水は綺麗です。九月になるともっと澄んだ色になります。ヤマブドウや紅葉時季はなかなかのものですよ。
昼からは湿原に戻り、いつものコースを時間をかけゆっくりくだります。いつ来てもどんな天気でも癒される場所です。

写真は夕方、落日前に見えた二つの太陽です。

未分類 | 21:02:40 | Trackback(0) | Comments(0)
本当にどうしてしまったのだろうか・・・。
湿原の上に積乱雲は居座り・・・・。蝉は朝から一日鳴き続ける。
川面に浮かぶ船のパドルの音だけが涼しげに聞こえてくる。

未分類 | 22:11:24 | Trackback(0) | Comments(0)
IMG_0052.jpg

ツアーの終わる頃、夕焼けを前に後ろに見ながらの一時でした。
女性三人様の六時間半の川旅はきついんじゃないかなと?思っていましたが・・・・?きついどころか最後まで、お笑い&マイペースな旅でしたね。 ほんとうにありがとうございました。今度は二三日がかりで源流から海までですか・・・?。笑)
空の様子、混じわらない湿原の水と川の水の色、止まった枝が折れ、枝ごと川に落ちたドジなアオサギ、特製栄養ドリンク?、最後は夕焼けで締めくくり最高なツアーでした。
今度いっぱい撮られた写真を見せてください。ひげの写真は写真館の方にこれから載せます。



未分類 | 07:30:55 | Trackback(0) | Comments(8)
暑い暑い・・・。いったい今日は何度だったのだろう?。

午前中のゲストの皆さん ありがとうございました。
若い家族同士の繋がりを見ていると、一昔前のわが家が目の前に浮かび、ちょっぴり羨ましくなりました。チビさん達もそれぞれ札幌っ子として育っていくのですね。今度は子供達だけの川下りに挑戦してみませんか・・・?。あれだけの元気があれば、大丈夫でしょう。

昼からのツアーもガイドが一番楽しんでいたかもしれません。
お父さんもいいリフレッシュになったと思うのですが、いかがだったでしょうか。優しい家族は後ろのガイド席から見ていても楽しいものす。
おにいちゃんもしん君もナイスパドリングでした。

未分類 | 22:53:26 | Trackback(0) | Comments(0)
IMG_0003.jpg

写真はヤナギランです。
そろそろ岸辺にピンクや紫の花が目立つようになってきました。
陸上にいると立っているだけでジットリ汗をかくのだけれど、川に出ると爽やかな風が吹いています。夕方、太陽の周りの空は、ピンクグレーになり、太陽の周りに浮かぶ雲は金色に近い茜色に縁取られる。太陽そのものはオレンジ色から茜色に変わり最後の輝きを見せ始めているが反対の東の空は未だ蒼く、空高く浮かぶ雲は夕焼けにも染まらず、まだ白く光っている。

ゲストを見送り船を積み込み家路につく頃、岩保木水門の上には星が光っていました。

未分類 | 04:30:32 | Trackback(0) | Comments(2)
夕方、久し振りにカカ(所謂奥方のことでブラジルのサッカーのカカではありませんよ)とお中元の買い物に行ったのだが、女という生き物は真っ直ぐ歩けないものだということが、よ?っくわかりました。

なにを買いにきたんでしょう?。まっすぐお中元のコーナーに行ってくれません。
買い物が終われば、今度は家具コーナー・・・・なになに閉店セールだからって・・・何も買いもしないのに・・・・。
それが終われば100円コーナー・・・その次はぁ・・・・本屋・・・
最後に茶碗が・・・・あぁそう気に入ったものが無い・・・さぁ帰るべぇと出口に向かえば、後ろにいるはずなのに・・・・又引き返す・・・
「カカよトウチャンは今日はヒジョーに疲れているのだよ・・・。」

外にはうっすら雲のかかったお月さん。まわりの雲を光りの色で濃く薄く塗り分けている。いつもなら綺麗だなと思うのかもしれないけれど、今日は、そんなロマンチックな気持ちにもなれず。

「さぁ早く帰るべぇ・・・。」






未分類 | 21:28:20 | Trackback(0) | Comments(2)
IMG_0025.jpg


写真は雨上がりの釧路川です。
今日の天気予報はバッチリ当ってしまいました。夕方の釧路川をのんびり下ろうと予約をいただいていたのですが、この天気では・・・・。
午前中の青空が嘘のように、みるみる黒雲がはりだしてきた。やばいことにゴロゴロと音まで聞こえてきた。西の鶴居側の丘陵地帯では、時折稲光も見える。五分もしないうち稲妻のオンパレードだ。あっちにもこっちにも稲妻の柱が何本も立っている。雲は黒く、さらに黒い雲に吸い込まれていく。風はざわつき柳の葉も白く裏返り、雨にいたっては、それこそバケツをぶちまけたように降ってきた。
「あぁこれでは、どうしようもないな。」すぐ携帯を開きその旨の断りの電話をいれる。
この雷雨に驚いたエゾアカガエルのベビィー軍団が、蟻んこのようにどこからか湧き出してきた。ピョコタンピョコタンとみな同じ方向へ飛んでいく、跳びそこねた慌てものが草の葉っぱに上半身だけが乗っかり後ろの脚はじたばたともがいている。その様の滑稽な事・・・・。笑)
雨がやむとアオサギが空に舞い上がった。やがてアオサギが舞い降りるとき蛙にとっては恐怖の時間が始まるのでしょうね。

車の回送を終わりカヌーのところに帰ると船底には15センチ以上も雨水が溜まっていた。やっぱり凄い雨だったんですね。


未分類 | 20:25:08 | Trackback(0) | Comments(2)
昨夜のボクシング・・・・???。
タイトル返上した方が男らしい。

夕方の空に後光が差し、アオサギが舞う。
いい絵だ。明日の天気も期待できるかな。
天気予報は今一だけれど、最近の天気予報は、ちょっとだけれどいい方に外れてくれる。

もしかしたら悪い方に外れると、悪評を買うから、ちょっとばかり悪い予報をたてていたりして・・・・。その予報がはずれると気分がいいですよね。

今日の天気予報もちょっと得した気分でした。

未分類 | 22:00:33 | Trackback(0) | Comments(0)
ドンブラコッコドンブラコッコ・・・今日も楽しい川下りでした。
殆ど漕がず流れのままに・・・青い空に光る雲・・?あれっいつか使ったセリフだなぁ・・・。午前中の川下りは下るごとに雲が晴れ、阿寒の山にいくらかの雲が残るばかり・・・。何もしない川下り、世間話で笑いながらの川下り、せっかくの北海道、せっかくの好天の釧路川、やさしくなった笑顔をお持ち帰りください。

昼からの川下り・・・絶対此方の方がお得ですし、湿原の風情も味わえます。オジロもと薦めておきながら・・・申し訳ございませんでした。
これに関しましては、決してお母さんの責任ではございません。笑)私ひげの責任?です。
でも凄い楽しかったです。ありがとうございました。おにいちゃん
目指せ東大!!ひげ的には目指せ北大カヌー部!!ということで頑張りましょう。

未分類 | 20:05:52 | Trackback(0) | Comments(0)
IMG_0002.jpg

ベカンベの花がもう少しで満開になりそうだ。
とことどころに小さな小さな花をつけているのだが、余りに小さくて見過ごしてしまいそうです。
九月にはいるとベカンベ摘みの小舟が塘路の湖上に浮かぶ。
実はこの小舟を漕ぐバァちゃんが凄いのです。無駄の無い素晴らしい漕ぎを見せてくれる。俗に言うJストロークです。ハッキリ言って釧路川のガイドで誰一人敵う者はいないだろうと思います。

塘路の駅前にサルンパという芋団子屋さんがあるのですが、そこの団子には、このベカンベが入っています。芋団子を買うとベカンベのキーホルダーがついてきます。店主の諏訪さんは、知る人ぞ知るアイヌの弦楽器トンコリの製作者であり塘路湖周辺の生き字引のような方です。
時間に余裕がありましたら是非寄ってみてください。色んな話が聞けますよ。

未分類 | 20:41:17 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。