■プロフィール

ひげ

Author:ひげ
ミンタラのガイドのひげといいます。

釧路川・釧路湿原を中心とした道東一円のガイドをやっています。自分が好きでたまらないことを生業にするとしんどいといいますが・・・事実は違うようです。
こんなに楽しい

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
雲の縁は白く光って、お出掛け気分に拍車をかけてくれます。

釧路川の水は、みるみる増え始め湿原は見渡す限り水浸しです。
ここまで増えると、湿原で草を食んでいた鹿達の姿もぽつんぽつんと見えるだけになっています。湖沼の縁は融け始め、真ん中あたりでも流れが湧き上がるところでは氷も融けて水鳥が浮かんでいます。

キャンプ場にあるキタコブシの木に雪男?のような新芽が出ていました。
御神渡の跡には氷が口を開け水面が広がりつつあります。
フッキソウの緑の中に福寿草が一輪・・・・。
あたまのうえをホオジロガモがキャラキャラキャラと羽音を立てて飛ん
でいきます。
遠い水面にはミコアイサ、カワアイサが確認できます。

オジロの番とオオワシ成鳥が岸辺の高木で湖をじっと眺めています・・・。

春です。
南からの強風が吹くと湖の氷はいっきに反対側に寄せられ、湖は完全にあいていきます。

支離滅裂な書き込みですが、春の始まりです。

スポンサーサイト
未分類 | 10:08:29 | Trackback(0) | Comments(19)
haioku.jpg

天気予報では、夕方からの降雪のはずだったが、昼飯過ぎにはフラフラとした大粒の雪が舞い始めてきた。

湿原のあちらこちらに雪の柱が降りはじめ、西から東へと移動していく。
それらが、一枚のカーテンのように繋がると、後はみるみる横殴りの吹雪になっていく・・・・。

吹雪にしては明るいなと湖の向うを見れば雲の裏側から太陽の形が見える。もう少しまてば面白い夕焼けを見ることが出来るかもと淡い期待を持ったが、先ほどの太陽はいつの間にか、その所在を無くしている。
西側の丘陵もすっかり見えなくなっているようだ。

あきらめて家の方へ車を走らせると行き違いに丹頂の番がさっきまで車を停めていた廃屋の方へ降りていくのが見える。

あ?ぁ・・・辛抱が足りん・・・がっくり・・・。




続きを読む >>
未分類 | 22:31:01 | Trackback(0) | Comments(12)
warai.jpg

思わず微笑んでしまうような絵手紙が届いていました。

ありがとうございます。笑)

お客様とこういう遣り取りが出来る幸せをしみじみ感じています。

sirarutokuro.jpg

冬に載せたシラルトロと同じ所からの写真ですが、雪はすっかり融け、川の水は溢れ葦原はすっかり水浸しになっています。
丹頂はこの葦原で、これから子育てをしていきます。
今日は鳴き声だけで姿は見えず・・・でした。

yukidoke.jpg


塘路のパルマイ地区の農道は、雪解け水ですっかり小さな川と化していました。


未分類 | 20:30:18 | Trackback(0) | Comments(17)
biora_1.jpg

昼から雨模様の予報が出ているのに空は青々として・・・地球は回っているんだな・・・と実感・・・。庭の雪もすっかり融けて土と去年の立ち枯れの花だけの淋しい春の庭です。カカが今朝大きい声で叫んでいました。おとうさ?ん ビオラが咲いてるよ。福寿草も開きそう・・・。
福寿草・・・・・・ありました。小石の脇からビオラが一輪出ています。やっぱり暖かい今年の春です。
イチイの木の下にいつも出てくる福寿草も開きました。ちょっと薄めの色だけど、今年の花一号二号です。
hukujusou.jpg



未分類 | 16:13:04 | Trackback(0) | Comments(14)
yawarakaiyukigumo.jpg


zimuni.jpg


東の空にうっすら雲がかかっていて、朝の光りを銀色のフイルターで包み込んでいる。海側を見ると海の色が春を告げてくれている。春の海だ・・・・。笹色の海には穏やかなうねりがゆっくりゆっくり押し寄せ、波頭は沖までキラキラと光っています。

写真は昆布干し場に置いてあった。ジムニーの廃車です。

続きを読む >>
未分類 | 11:42:06 | Trackback(0) | Comments(18)
タッコブの丹頂に異変有り・・・・・去年から一組のつがいと単独の一羽がいたのですが・・・・今朝、国道を挟んで二組の丹頂を見つける・・・・。細岡の線路向こうの番がこっちまで来たのだろうか・・?。

「えぇっ・・・・??。」

帰りに見ると湖側の土砂置き場に四羽いる・・・・。暫く様子を見ていると・・・・どうも様子が変だ・・・・。どうも雌一羽に雄が三羽・・じゃなかろうか・・・・。

先日、タッコブ湖上で面白い光景を見た。三羽の丹頂が横一列に並んで、一番右側の奴が右に行くと残り二羽も右に行き後ろに振り向き、向きを変えると同じ動作で続く・・・・。シンクロのスイマー並に同じ動作が延々と続く。
ここを縄張りにしている番と単独の一羽なのだろうか・・・?。
koi.jpg

いずれにしても恋の季節が来ているのは間違いなかろう・・・。
暫くパパラッチ???の楽しみが出来たわい・・と・・・・・・!。笑)
koi2.jpg

釧路湿原は春を迎えて、賑やかになってきたようです・・・・。


未分類 | 15:46:26 | Trackback(0) | Comments(9)
tanntyoasa.jpg

朝陽が湖の東側から顔を覗かす頃、輝く湖面の中に丹頂が二羽・・・。
ここで一晩あかしたのでしょうか・・・。

クワッ・・・一声・・・近くのヤチダモにとまっていたオジロの鳴き声
が聞こえます。

塘路湖の夜明けです。yoake.jpg



未分類 | 19:46:08 | Trackback(0) | Comments(12)
naranokinomukou1.jpg

situgennogawa.jpg

国道脇の丘陵地の落葉松に陽が射し始めてきた。
梢の先が影絵のように浮かび上がる・・・。車を停めてシャッターを押したくなってしまうのだが・・・・前後をトラックに挟まれ、なかなかブレーキを踏みづらい・・・。みなさん結構飛ばしていらっしゃるので我が愛車デリちゃんはついていくのがやっとこさ・・・・・。
諦めて茅沼まで流れに乗っていくことにする。こんな時は・・・色んなものを見逃してしまうものなんです・・・。

朝の絵としては、今一だったようですが・・・・今日はいい発見をしました。もう少ししたらブログでも紹介できると思います。

続きを読む >>
未分類 | 16:33:10 | Trackback(0) | Comments(5)
asanotouro.jpg

hakutyoutotanntyou.jpg

今日は、朝から嘘のような青空が広がり、気温も間違いなく春の気温となってきたようです。

早朝の塘路川入り口には丹頂と白鳥が朝の一時を仲良くすごしているようです。まだ氷はしっかりした色合いを見せていて開氷面付近の氷上にはアオサギが中国辺りの絵のような風情を漂わせて立っています。

続きを読む >>
未分類 | 12:41:59 | Trackback(0) | Comments(6)
kawanotanntyo.jpg


忘れ物です。
左下に丹頂の番がいます。


未分類 | 10:47:34 | Trackback(0) | Comments(4)
asanokusirogawa.jpg

ぼ?っとしているうちに三月も半場まできてしまった・・・。
三月になるとオジロも丹頂もそろそろ恋の季節を迎えます・・・。川沿いのオジロの巣が気になるので、久し振りに朝のお出掛けです。写真には岸辺で餌さがしにいそしむ二羽の丹頂が写っています。オジロもヤチダモの木に二羽止まっています。巣の方には姿を確認できませんでした。去年使った巣を又使ってくれるでしょうか・・・?。
yanaginome.jpg

岸辺は特に陽があたるので柳も芽吹きが早いようです。拡大すれば産毛まではっきり見えるのですが、残念ながらブログの写真ではわかりませんね。釧路川の水も幾分流れも速くなってきたように見えます。

水辺から・・・春です・・・・。笑)


続きを読む >>
未分類 | 10:30:16 | Trackback(0) | Comments(4)
20070310085738.jpg

かとさんのコメにあったが、もう100キロマラソンの時季だ・・・。
マラソンといっても走るマラソンではありません。
屈斜路湖から釧路の岩保木水門まで、カヌーをひたすらこぎ続けるカヌーマラソンなんです。もう十五六回になったんやないかなぁ・・・。
去年のトップタイムは七時間二十分ぐらいかかったかな・・・。
漕ぎ手は二名か三名・・・三名のうち一人は途中で交代してもかまいません。でも経験からいえば交代しないほうが時間は短縮できるような気がしています。

レースの前半は弟子屈までカーブと倒木の連続です。ここはテクニック勝負です。弟子屈から標茶までは、区間中一番傾斜があります。川の読みと度胸が必要かなぁ・・・・?!。

標茶からゴールまでは忍耐とスタミナ・・・最後まで勝負を諦めないハートがなければ、辛い辛いだけのレースになってしまいます。

続きを読む >>
未分類 | 09:18:21 | Trackback(0) | Comments(18)
あまりにもスボラな日々のツケが、こんな形で返ってきてしまいます。

「あぁ?っ 外にでたい・・・!!。」

今日もぬけるような青空だ・・・・。レースのカーテン越しに入る日差しは、完全な春の温もりを持っていて、陽の当っているフローリングに足を伸ばすと、菜の花畑や磯のタイトプールに我が身を置いているような気持ちになってきます。

きっとこのニャンコもそんな気持ちいい時間をすごしていたのかも・・・?。牧草ロールの中で、枯草の匂いに包まれて・・・・。

おいおい・・そんな目で見ないでくれ・・・・。笑)
nayaneko.jpg



続きを読む >>
未分類 | 12:39:20 | Trackback(0) | Comments(8)
ようやくお外にお出掛けである・・・・。ルンルンと行きたいが、喉はガラガラ・・・背筋は珠にザワッツとしてしまう・・・・。
でもねぇ・・・我慢がでけんのよ・・・。本当は週末に知床のシーカヤックに行く予定なので無理はしたくないのだが・・・まぁ出れば気分もよくなっぺ!!。天気晴朗なれど浪高しの太平洋を眼下に見ながら厚岸から根室に向かう。この道路は北太平洋シーサイドラインと言って釧路から根室まで国道より太平洋側を走っています。いつもは釧路湿原がメインなのですが、猛禽類と春を捜しにのお出掛けです。

まぁ結果としては、ちょっと早かった・・・。

bannyanoyane.jpg

ワオワオの荒れ模様だぁ・・・。
おぉ・・・あそこに瀬があるんだ・・・!!。
瀬のあるところでは波が立ち上がり波頭が風に白く飛び散る。
意外とこの海岸線はいいサーフィンスポットが結構あるかもしれません。
そういえば、カヌーやり始めた頃、したくもないサーフィンで勝手に海岸に突っ込んでいったのはこの辺りだったよな・・・。笑)
場所は厚岸町末広の海です。沖にみえるのは大黒島と小島です。今は無人島ですが、昔は小学校もあったそうです。昆布採りの時季はこの海峡をたくさんの小舟がいい漁場を求めて我先にと走ります。
迫力ある風景になります。

tume.jpg

オジロの若鳥です。羽が大きいのがよくわかります。二メートル以上はあると思います。



未分類 | 21:55:48 | Trackback(0) | Comments(12)
oudanndouro2.jpg

久し振りに訪れた阿寒も温暖化の洗礼を受け、雪が少ない・・・。
それでも釧路と比べたらずっとずっと多いのだが・・・・。

ネイチャーセンターのガイド達は今日は某国営放送の撮影で午後から雌阿寒岳のガイドらしい。満月の道東・・・見て見たい。26日BSで放送されるらしいから是非ご覧有れ!!。

続きを読む >>
未分類 | 08:53:14 | Trackback(0) | Comments(21)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。