■プロフィール

ひげ

Author:ひげ
ミンタラのガイドのひげといいます。

釧路川・釧路湿原を中心とした道東一円のガイドをやっています。自分が好きでたまらないことを生業にするとしんどいといいますが・・・事実は違うようです。
こんなに楽しい

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
塘路湖の春が始まりました。
岸寄りの浅瀬では水も温み、冬場には動物の足跡が無尽についていた氷も沖の方まで大きく口を開けていました・・・・・・塘路湖の春は南向きの斜面側から始まります。

                         IMGP0918touro.jpg


天気のいい午後・・・ここからみる夕景は金銀藍が織り成す絶景のシルエットになります。
是非、一度、来てください・・・インディアン嘘つかない・・・。笑)
観光地でもなんでもないけど・・・光りってこんなに凄いの・・・実感できます。

湖面では幼児と間違いそうな大きさの大鷲オジロワシが羽を休め、北帰行前の体力をここで養います。この日も20羽以上の数を数えました。

今年は氷の解けるのが早いそうです。奥はまだ人が乗っても大丈夫なぐらい厚いそうですが・・西側の方は、このままで行けば何日もしないうちに開いてしまうかもしれませんね・・・。水鳥の数も増えだしました。

タッコブ沼ではミコアイサの群れも見られます。
ヨシガモ、キンクロ・オナガ・ホオジロ・オオバン・カワアイサ・ヒシクイ・ハクチョウ・・・そんなところでしょうか。

湿原では丹頂が求愛のダンスを踊り、その上空を白鳥やヒシクイの群が編隊を組み西の空に飛んでいきます。

スポンサーサイト
未分類 | 17:55:07 | Trackback(0) | Comments(14)
一番小さな哺乳類
アップしたいことは、いっぱいあるのですが・・・春の陽の移り変わりは早く、あっという間に日にちだけがたっていきます。
時間と言うものは万物に平等に当てられているものなのでしょうか・・・・。

昨日のことも一昨日のことも忘れた振りをして今日のことを書いていきます。

皆さんこの小さな動物がなんという名前かわかるでしょうか・・・?・
頭胴長約7センチ・・・尻尾の長さ約4センチ・・・顔はモグラ・・・前足の指もモグラの指をぐっと細くしたような・・・どっちかというと綺麗な指です。
                     IMG_0002togarinezumi.jpg

                     IMG_0003togari.jpg
名前はトガリネズミです・・・長さなどの特徴から考えるとエゾトガリネズミのようです。

このトガリネズミを載せせているのガリバーの掌は、氷と水をテーマにプロの写真家を目指すO・J君の掌です。そしてまだまだ冷たい芝生を掘り起こしトガリネズミを埋めようとしているのは・・・アダムです・・彼は釧路市の英語の先生・・・自称キアヌリーブス・・・おっちゃんは、マイケルダグラスやと思うんだけどね・・・・。笑)

                     IMG_0004togari.jpg

最後に墓標と小さな砂利の墓石まで・・・・AさんんとSさんが作ってくれました・・・・おっちゃんは最近の若い人達を見直さずにおれませんでした。

                     IMG_0005togari.jpg






未分類 | 21:35:30 | Trackback(0) | Comments(26)
春の釧路湿原
今日一日朝から晩まで・・・細岡周辺ですごしました・・・・。
これもお仕事・・・・?・・・・?・・・ちがうだろ・・・。

IMGP0742haru.jpg

             IMGP0769haru.jpg

IMGP0776haru.jpg                 IMGP0833haru.jpg

IMGP0834haru (2)                IMGP0859haru.jpg

当然・・・・怒られますね・・・・子供じゃないんですけどね・・・。笑)






未分類 | 20:42:21 | Trackback(0) | Comments(30)
釧路川のくうちゃんの落し物・・・って?
      久し振りにくうちゃんを覗きに行きました・・・相変らず人気者のようですが・・・・。
                       IMG_0043kuutyan.jpg 

                      彼?の寝床の直ぐ後ろには・・・・・・・

                       IMG_0021unko.jpg

食事中の方ごめんなさい・・・でもラッコのそれって見たこと無いでしょう・・・あえて載せてみました。
よく見ると二枚貝が見えますね。匂いはしませんから近づいてよく見てください・・・。笑)両の掌で余るか余らないというぐらいのウンチでした。これだけ食べてますから毛並みもいい筈です。寝る子は育つそのままのくうちゃんでした。笑)






未分類 | 18:18:43 | Trackback(0) | Comments(24)
釧路湿原・いのちの風景
                    今日は写真集の紹介します。

                    画像 11322kobayasi

日頃、懇意にさせてもらっている(勝手にそう思っているんじゃないかと・・・)写真家・小林義明さんの写真集です。彼とはフィールドでよく顔をあわせます・・・厳寒の川の橋の上だったり、寒風吹きすさぶ
小高い丘の上にいる彼に手を振ってみたり・・・オオサクラソウの撮影に夢中になっている彼だったり・・・この写真集を見ると、彼のそんな姿がダブってきます。
氷の写真や樹氷の写真などはマイナス20度にはなっているはずです。彼の髭には霜が凍りつき真っ白い髭になっているはず・・・。笑)

同じ髭面であるのですが、彼の目は優しい・・・写真を見るとなるほどと納得がいきます・・・特に花の写真が優しさに溢れています。

4月7日より五月11日まで・・東京品川のcannonオープンギャラリーで写真展も開催されます。4月12日はトークショーもあるそうです。
是非いってみてください・・・釧路湿原の四季がそこにあります・・・。





未分類 | 12:06:29 | Trackback(0) | Comments(28)
最近、付き合っています。
夕方の散歩の途中、何処からともなく道連れになる彼女・・・。
家出娘・・・?・・・。

続きを読む >>
未分類 | 18:44:14 | Trackback(0) | Comments(28)
釧路の春らしく・・・
釧路の春と言えば花の便りよりこちらの方が先に来てしまいます・・・。笑)

昼に近くなっても温度計は0度を指したまま・・・すれ違う車はみなヘッドライトを点け幾分スピードは控えめになっています。用をたしに海岸線を東へ向かうと案の定、道路は真っ白い霧に包まれていました・・・不思議なもので乾いた景色に見え、霧独特の湿った不快感は感じられません。時折、息を吹きかけるかのように白い霧の塊がフロントガラスに向かってきます・・・。
視界は一カーブがいいところ・・・海側に切れ込んだ谷間を覗くと、吹き上げてくる湿った冷気がイタドリの枝の片側にだけに霜を着け単調な風景にほんの少しだけアクセントをつけています。

                            IMGP0631kiri.jpg

窓を締め切っていると風の音も波の音も聞こえず・・・真っ白な霧は、時間の感覚さえ鈍らせてしまうような気がしてきます。時計を覗くととうに12時半を過ぎていて家を出てから2時間以上経っていました。
おっちゃんの腹の虫だけは霧に騙されることなく正常に働いていたようで、ちゃんと鳴いてくれました。笑)

                         IMGP0651kiri.jpg

                         IMGP0652kiri.jpg

都会でこんな霧が出たら大変でしょうが・・・ここは北海道です・・・それも釧路の片田舎・・・ゆっくり走ろうが誰も文句は言いますまい・・・・。笑)





未分類 | 14:25:16 | Trackback(0) | Comments(34)
釧路湿原にも春が来たようです
             久し振りの釧路川の水面は春の陽射しで溢れかえっています。
             一昨日来の春の雨で川水は湿原へと溢れ葦の根元をうめています。
             柳の新芽も銀色の産毛を風に揺すり春の詩を歌っています。

                         IMGP0610harunohizasi.jpg   

すっかり雪解けが進んだ湿原にはエゾシカが群れ、強風の中、寝そべったり草を食んだりの春の一日をすごしているようです。
湿原内にはこんなにいるのに周囲の森や林の縁では、その姿をまったくといっていいほど見ることができません。
強風が吹くと敵の接近がわかりませんから・・・森の中で姿を隠しているのでしょう・・・それにしても湿原内のエゾシカの多さは・・・・?。
これは、きっと湿原には人間が立ち入らないことをわかっているのではないでしょうか・・・。

先日デスプレィに励んでいたオジロワシのつがいは営巣にはいったようです。釧路川左岸の巣では、まだ確認できませんでした。

フクロウさんもどの洞でも確認できず・・・こちらにも春が訪れたようです。
ただ、巣のそばでカラスの羽が多数散乱していましたが・・・・はて・・・これは、どういうことでしょうか・・・?。

展望台から湿原のあちらこちらで小さく丹頂の姿も確認できます。

遠眼鏡で楽しむ湿原の春もいいものです。






未分類 | 11:21:28 | Trackback(0) | Comments(28)
お休みします
カカとふたり、山籠もりします。

2週間ほど・・・。

戻るまで お休みします。


未分類 | 00:37:08 | Trackback(0) | Comments(27)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。