■プロフィール

ひげ

Author:ひげ
ミンタラのガイドのひげといいます。

釧路川・釧路湿原を中心とした道東一円のガイドをやっています。自分が好きでたまらないことを生業にするとしんどいといいますが・・・事実は違うようです。
こんなに楽しい

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
開かずの水門
大正10年から昭和6年にかけて作られた水門です。

今は水門としての役割を担うことなく岩保木の地に建っています・・・。
釧路湿原にはいり蛇行をくりかえしてきた釧路川は、ここから川口までほぼまっすぐに流れ川として終焉をむかえます。
その建物は霧の中で苔生し、色褪せて、いい風情をみせています。

          iwasss_convert_20090614231117.jpg  to_convert_20090614231759.jpg  kai5_convert_20090614231437.jpg  
 

tesuri_convert_20090614231704.jpg  sui_convert_20090614231545.jpg  iwa_convert_20090614230940.jpg



 
  
スポンサーサイト


未分類 | 07:07:47 | Trackback(0) | Comments(18)
コメント
おはようございます。
2009-06-15 月 10:15:28 | URL | 小紋 [編集]
こんにちわ
ひとつの時代の要求だったんでしょうね。
それでも、、壊されずにあるということは、流れを変えて
今も仕事をしているということなのかもしれませんね。

こうした景色素敵です。
昔の人の香にみちています。
2009-06-15 月 12:47:33 | URL | オコジョ [編集]
こんにちは
 ひげさん、こんにちは。

 川にピカピカの建造物(構築物)があると興ざめしてしまいますが…この水門はもう風景の一つになっているのでしょうね。写真から歴史を感じます。
2009-06-15 月 14:08:00 | URL | NOBU [編集]
小紋さん ・・・おはようございますの一言に忙しさと幸せが同居していますね・・・。笑)
2009-06-15 月 16:07:09 | URL | ひげ [編集]
オコジョさん こんにちは・・・。
この水門のほかに新しい水門もあるのですが、どちらも川とは繋がっておりません。新しい水門もつくってから10年以上たったと思いますが・・・・これも歴史的遺産になってしまうのでしょうか・・・?。笑)
2009-06-15 月 16:11:24 | URL | ひげ [編集]
NOBUさん こんにちは・・・。
この水門は一説には作られてから一回も使用されていないという説があります。この水門は貯木場への移送を考えて作られたようですが、潮位の影響もあってなかなか思うようにいかなかったようです。
今では観光資源としてその役割を果たしています。
2009-06-15 月 16:18:46 | URL | ひげ [編集]
観光用として作られたのではない、時間の流れが、良い雰囲気を醸し出していますね
2009-06-15 月 22:56:38 | URL | われもこう [編集]
その建設期間の長さが意味するものは難工事であったからでしょうか。それとも必要の是非を問うていたのでしょうか。
建物の中がどうなっているのか見てみたいものですね。
2009-06-16 火 00:26:18 | URL | Orange-beco [編集]
われもこうさん おはようございます。

今は鳩のねぐらと化しています・・・・夕焼け時は茜空を背景に、いい雰囲気に浮かび上がります。もう少し整備も必要なのかと思いますが・・・・。
2009-06-16 火 06:05:29 | URL | ひげ [編集]
orangeさん おはようございます。
多分、難工事だったのでしょう・・・。
時代が時代です・・・大型機械があったわけでもなく、冬場の気温、地面の凍結、海水の逆流、泥炭地ゆえのぢ晩の悪さ・・・・など想像するだけでも難航時のそれが伺えるような気がします。
実際、シラルトロ地区の古い釧路川に行けば、そう古くも無いバックホーが川の中に埋まったままになっています。

必要の是非を問うたか否かは、勉強不足ゆえお答えできませんが・・・・釧路川で行われている現工事に関しては疑問が多々あります。笑)
2009-06-16 火 06:19:01 | URL | ひげ [編集]
こんにちは!
その風情がなんともいえません。
私が生まれる前だわ。貴重ですね。

建って数年も経たない建築物が壊されていく昨今。
都会の高層ビルの間に建っていたらどうかなぁ~(笑)?
2009-06-16 火 10:30:53 | URL | おばちま [編集]
こんにちは~
私の生まれるずっとずっと前にたてられたんですね~
写真から時代が感じられます(^_^)v
2009-06-16 火 17:03:45 | URL | 紅葉 [編集]
外は知ってるけど
ぜひ中を見てみたいもんです。
こちらと違って厳しい自然の中で、今もなおこの姿でたたずんでいる。
それだけで感動します。
どんだけ堅牢に作ってあるってすごい!

店が入っているビルは昭和38年ごろの作りかな?
地震が来たら必ず崩壊。来なくても自然に崩壊。
役所の方に脅かされてます。
日々ビクついているから太れないのかなぁー(笑
2009-06-16 火 17:43:50 | URL | 葉摘み [編集]
おばちまさん おばんですす。

都会のど真ん中に持っていけたら・・・・・凄い発想です・・・。笑)

写真を大きくして持って行ったらば・・・どないでしょう・・・・?。
2009-06-16 火 20:58:30 | URL | ひげ [編集]
紅葉さん おばんです。

おっちゃんより、ちょっと年上です・・・・。笑)
なかなか風情があるのですが・・・今ひとつ工夫があればなと思います。
観光用としての話ですが・・・・。
2009-06-16 火 21:01:27 | URL | ひげ [編集]
葉摘みさん おばんです。

写真を写しましたね・・・。

中ですか・・・わたしも見たことはありません。笑)

そのうちお店にうかがわせてください・・・それまで地震よ来るな!!。笑)
2009-06-16 火 21:06:22 | URL | ひげ [編集]
木造建築
大正・・・というより(知らない時代なので)
懐かしい?古き昭和の歴史を感じます。
でも、よく・・・今までこの建造物は生き残っていましたね

大正・昭和・平成
・・・・・・すごいです!
2009-06-16 火 21:53:28 | URL | 桜子ちゃん [編集]
桜子さん おはようございます。

荒野の真っ只中に一軒だけたっていたんですね・・・。
時間というのは人にもものにも平等に訪れるはずなのですが・・・不思議な気持ちになります。
2009-06-17 水 07:03:40 | URL | ひげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。